ミスワールドのウエストからメタボを考える

ミスワールドのウエストからメタボを考える

世界の美女を一堂に集まるミスワールドでは、美しいウエストを持った美女たちを見ることができます。メタボリックの面から考えて、この美女たちのウエストを見ると、この美女の皆さんは、健康的なウエストを持っているということが言えます。外見の美しさも然り、また、健康的な美しさも兼ね備えているので、世界有数の美女として名を連ねることができるというわけですね。
美の祭典ではありますが、メタボというフィルターを通して人のウエストを見ると、とっても興味深い気がします。お国によっては、太っていることは、富みの象徴として見られる国があります。確かに、お金持ちでなければ、沢山食べらないというシンプルな理論を考えてみると、太っている=裕福という構図は容易に出来上がりそうです。細さが美しさや理想と考えられている日本では考えられないことですし、太っているということは、自己管理ができない無能な人と考えられているアメリカでも、考えられないことかもしれませんね。
それにしても、筆者からすると、あの細〜いウエストの中に、私と同じ種類の内臓がきちんと収められているとは・・・、人間とはなんて不公平にデキているのだろう、と自分の不摂生を棚に上げて考えています。